水墨画と還暦祝い年代の関係

水墨画とは

水墨画は、墨の濃淡や滑らかな筆の動きによって描かれた絵です。
吸収性の高い和紙を誓うので、水と墨のバランスが美しくなります。
水墨画では背景はほとんど描きません。
何もない白い空間も芸術の一つと捉えています。

 

筆と墨、和紙さえあれば誰でも始めることができます。
線を描く時は筆を直角に立て、面など広い範囲の時は筆の腹を使うなど、独特の技法があります。
水墨画が誕生したのは唐の時代の中国です。
日本は鎌倉幕府後期から南北朝時代に入ってきており、禅僧が中国に留学して持ち帰っていました。
日本では中国で人気とされる絵師のマネをして描いており、江戸時代になると狩野派は自分の才能に任せるのではなく、模写を続けるように教えています。
しかし模写だけでは新しい作風はできないため、絵師の多くが狩野派から離脱します。
それから水墨画の流派は複数になり、日本文化として成熟しました。
黒墨だけでなく多くの色を使った極彩色の水墨画もあります。

還暦祝いパーティー

還暦祝いでは、プレゼントを贈ったりパーティーを行うことが度々あります。
必ずしも誕生日にお祝いをする必要はなく、お正月など、親戚が集まりやすいタイミングで行われることが多いです。
もともと還暦は十干十二支が一周し、赤ちゃんに還るという意味から赤いものを贈り、魔除けのために赤いちゃんちゃんこを着る習慣があります。

 

カニは赤い色をしていることから、パーティーでカニを皆で食べるのも粋な還暦祝いになるでしょう。
最近は60歳と言ってもまだまだ現役であることが多いので、パーティの方が年をとった実感を与えないかも知れません。

 

カニは通販では季節を問わず販売されており、便利に利用することができます。
パーティ当日に会場となる、還暦を迎える方の家に届くようにするのが良いでしょう。
カニは殻付きのもので、お腹いっぱい食べる場合は一人当たり500gほど必要になりますが、むき身であったり、他の物も食べる場合は250gほどで十分でしょう。
通販サイトによって得意とするカニの産地や品種が異なります。それぞれに流通ルートを持っているカニを商品として取り扱いますので、
サイトの説明文や口コミなどをよく読んで、好みのものを選びましょう。

 

カニは冬が旬のイメージがありますが、同じ北海道産でも産地によって獲れる季節が異なることから、
年中いつでも、品質の良いものが手に入ります。

 

赤いちゃんちゃんこについては、今でも定番のプレゼントとして人気がありますが、
パーティの時にしか着ることがありませんので、レンタルに応じている業者もあります。必要であれば利用しましょう。

 

余裕があればパーティの際にプレゼントも用意しましょう。
既に赤いカニがあるため赤いものにこだわる必要はありません。
花束やイラストの入った色紙、衣類などが還暦のプレゼントに人気があります。
衣類については少し若い印象があるものを選び、人生まだまだこれからというメッセージになるのが良いです。

 

 

還暦祝い専門店のリンク

 

還暦ギフトはこちら

 

・いろいろなサプライズプレゼントが売られています。
例えば似顔絵やオリジナル人形や名入れ酒やゴルフに衣料品など団塊世代の好みは多いと思いますが
きっと良いサプライズが見つかると思います