水墨画とは

水墨画は、墨の濃淡や滑らかな筆の動きによって描かれた絵です。吸収性の高い和紙を誓うので、水と墨のバランスが美しくなります。水墨画では背景はほとんど描きません。何もない白い空間も芸術の一つと捉えています。筆と墨、和紙さえあれば誰でも始めることができます。線を描く時は筆を直角に立て、面など広い範囲の時は筆の腹を使うなど、独特の技法があります。水墨画が誕生したのは唐の時代の中国です。日本は鎌倉幕府後期から南北朝時代に入ってきており、禅僧が中国に留学して持ち帰っていました。日本では中国で人気とされる絵師のマネをして描いており、江戸時代になると狩野派は自分の才能に任せるのではなく、模写を続けるように教えています。しかし模写だけでは新しい作風はできないため、絵師の多くが狩野派から離脱します。それから水墨画の流派は複数になり、日本文化として成熟しました。黒墨だけでなく多くの色を使った極彩色の水墨画もあります。